読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すの記

フリーランスライター・鈴木希望のブログです。

初めての○体○○

過日、「ノゾミさんって、書く文章からしてモテなさそう」と知人からご指摘を受けました。「モテなさそうな文章って何だろう?」という疑問はさておきまして。「5人から同時に告白された」というような経験もありませんし、いわゆる「男を切らさない」タイプではないので、決してモテる方でないことは確実です。

そんなわたしですが、男性に言い寄られた経験がないわけではありません。今回はわたしにとっての貴重なモテ話について書くとしましょう。

 

現在41歳のわたしが20代後半のころに話は遡ります。

当時、東京都下の某所に、小さなレゲエバーがありました。当時わたしは都内某所に住んでいたのですが、電車を乗り継いで足を運ぶほど好きな店だったんです。


ある週末、「先に行って飲んでるよ」という友人からの連絡を受けて件のバーへ。
ドアを開け、友人が手を振るテーブルに向かって歩き始めると、「若いころは海外放浪していました。今はオーガニックが大好きです」といった雰囲気を全身にまとった還暦絡みの男性が、わたしの前に立ちはだかりました。

「君には高貴な血が流れている」

(え?いきなり何?つーか誰?)

ポカーンとするわたしを置き去りにして、彼は店中に響く声で
「おい!高貴な方がいらしたぞ!ひれ伏せ下民ども!!!!!」
と。

(ちょ、え、下民って。何言ってんのこの人)

スタッフも他のお客さんも「あーはいはい始まった」と言った表情。
そっと寄ってきた店の常連でもある友人に聞くと、その男性ことCさんは、ときどきバーに現れる馴染みの変人だとか。

めんどくさいのがいるときに来ちゃったのかなーとわずかに落胆しつつ、変人をすり抜けテーブルに移動、ビールをちびちび飲んでいると、Cさんはわき目も振らずに歩いてきて、わたしの前にシッダウン。
「ご一緒してよろしいかな?」
わたしがはいもいいえも言わないうちに、Cさんは学生運動だの右だの左だの、「あ。やっぱり海外放浪してて今はオーガニックが大好きなんだ」みたいな内容の、なっがーい自己紹介を始めたんですが、半分以上聞き取れないほどの早口。

話が終わるとこちらの反応を待たずにスタッフを呼び、
「おい、メニューにある料理を全部持って来てくれ!」。

次々と運ばれてくる料理を眺めながら「これ全部食うのかすげーなジジイ」と思っていたら、
「こちらはあなたさまへの供物でございます。すべてお納めくださいませ」
と。

(えええええええっ!?供物?????)

供物の2文字にも驚きましたが、何より量。

「こんなに食べられません!困ります!」
断るわたしの言葉なんぞ、全く聞いちゃいません。
「このような方におめもじかなうとはありがたき幸せ」
というや否や、椅子から降りて五体投地を始めたのです。

これを読まれている方は、五体投地をされたことはありますか?わたしはこのときが初めてでした。仏教の聖地ではないのに…… 本気で意味がわかりません。

日本語じゃない言語で何か唱えてるし目がイッちゃってるし。何かキメてるわけでも酒が入ってるわけでもなし。完全しらふだからこそかなり怖いのです。
トランス状態になったところで逃げようかと思っていたら、Cさんの動きはピタッと止まり、
「タバコ買ってくる」
と言い残して店を出て行きました。


「何あの人、いっつもあんななの?」
と友人に聞くと、
「いつも変な人だけど、今日は更に変だ。ノゾミ、気に入られたんだね……」
ですって。気に入ったから五体投地って初めて聞いたよ……。


平静を取り戻したCさん、店に戻って来たかと思ったら、コンビニ袋からレンズ付きフィルムを取り出して、今度はわたしの撮影を開始。勿論全力で拒否するわたし。
「あの、ちょ、そういうのやめてくださいませんかね……?」
「Cさん、ノゾミ嫌がってるよ」
友人も見かねて助け船。

「黙れ!!!!!このお方の姿を写して現像をすれば、お会いできないときにでも礼拝できるんだ!!!!!俺の信仰心を軽んずるな!!!!!」

(ジジイ落ち着けわたしは人間だ!崇拝の対象にしないでくれ!)

「美しい女性がいればその場でマス〇ーベーションするのが礼儀だが、このお方の場合は目の前でするのがはばかられるのだ!!!!!」

今のわたしであれば「店主、すぐさまこの変態ジジイをつまみ出せ。そして出入り禁止にしろ」ぐらいは言うでしょう。しかしこのときは唖然するばかりで、声さえ出ませんでした。

Cさんは五体投地を再開、トランス状態に。
そしてまた
「コンビニ行ってくる」
と、レンズ付きフィルムを置き忘れたまま店を出て、その日は戻って来ませんでした。


その数日後、Cさんが柵の付いた病院に入院したと友人から聞きました。
Cさんの退院を待つことなく、店は店主の奄美大島移住を機に閉店。その後彼がどうなったかを知る術は、今のわたしにはありません。


あのできごとが、わたしの「大概のことには驚かないハードル」を、ぐっと高くしたことは間違いないでしょう。

 


あ、モテ話じゃないですかそうですか。